それぞれのメリットとは

自己破産、民事再生、任意整理はひっくるめて債務整理と呼ばれはしますがそれぞれのメリットがあります。

自己破産については借金全てから自由になりまっさらな状態から再スタート出来るのです。つづいて民事再生は住宅ローンは対象外ですがそれ以外の借金について元金の圧縮が可能で、家などの資産は守ることが可能なのです。最後に任意整理は債権者と交渉することで毎月の返済額が取り決められ、その上、取引の際の金利や期間次第で過払い金を取り戻せることがあります。

債務整理を行う方法に、任意整理と民事再生というものがあります。
異なる点は、元金の減額があるかないかです。

任意整理をする時は債権者と債務者の間ですり合わせを行って将来利息がカットされた返済額を元に月ごとの返済をしていく方法で、概して元金が減ることはありません。それに対し、民事再生ではまず裁判所に返済計画を提出し、それが認められた場合に、元金が一部カットされ、残りを支払っていくことになります。個人再生手つづきをする方法ですが、これは弁護士に依頼するのが一番迅速です。弁護士に依頼することで、ほとんど全部の手つづきを受け持ってくれます。

途中で裁判所へ足を運んだり、債権者とのやり取りをする事もありますが、大変なことはほとんど弁護士に委ねることが可能なのです。

債務整理なら種類を問わず、弁護士や司法書士の介入通知が送られた時点で、債務の取立て、FAXや電話などによる債権者からの連絡は厳しく制限されています。ですが、こうした期間中にもか替らず、任意整理の際は訴訟に踏み切られるケースもあります。債務整理の中でも唯一裁判所をとおさないのが任意整理ですが、債務者には借りたお金を返す義務があるように、債権者には返済をもとめる権利があります。

ですから、返金をもとめて提訴するのは当然なのです。貸金業者の中には任意整理を嫌い、即、裁判を起こす会社もあります。意図は様々ですが、債務を抱えている方としてはたまりません。
返せない借金をどうする